2021.03.01

06 室内ではスリッパを履き、 スニーカーの用意も

大規模地震が起きた時に備え、室内では必ず底のしっかりとしたスリッパを履くよう心掛け、玄関では素早くに靴が履けるようにしましょう。畳の上での生活の場合も、スニーカーのような類の靴を用意して、大きな揺れがあった場合にはすぐ手に出来る場所に置き、それを履いて避難して下さい。

 

東日本大震災の時には、地震と同時に窓ガラスが割れ、食器棚が倒れ、大量のガラスが飛散し、そのため厚手の靴下や足袋を履いていても、割れたガラスの破片が足裏に突き刺さり、そのため多くの人がスムーズに足運びが出来なかったという事例があります。

 
そして、直後に流れ込んできた大津波に巻き込まれ、尊い生命が多数失われました。
 

そのためには、決して高度な技術や知識からだけではなく、さりげなく注意を払うという努力を日常生活のなかで習慣として身に付けていくことが大切です。
防災の基本は、この欄で何度も述べさせていただきましたが、「自分の命は自分で守る」「自分たちの家族の命も自分たちで守る」ことです。

 
さあ、今から始めましょう。
 

 

 

広報委員・NPO法人日本防災環境 山田一廣

  • 株式会社潮
  • 株式会社キタムラ
  • 株式会社トリニタス
  • 株式会社江戸清
  • 株式会社崎陽軒
  • 横浜中法人会 インターネット・セミナー
  • e-Tax 国税電子申告・納税システム
  • 公益財団法人 全国法人会総連合 企業の税務コンプライアンス向上のための自主点検チェックシート・ガイドブック
  • 公益財団法人 全国法人会総連合 新型コロナウイルスに関する対策
  • 国税庁からのお知らせ
  • J-Net21
  • 公益財団法人 全国法人会総連合
  • 国税庁 年末調整
  • 国税庁 年末調整手続の電子化
  • しぇふまっち 私の料理人がいる快適生活
Top